みどりのゆめ

ああ、はんなり京都。

明石市立天文科学館

天文部、施設見学編です。

お外は、寒いのです…
そろそろふたご座流星群の時季ですね。
条件はいいですけど、天気が良くはないような、そんな雲行き。

お休みの都合的にも極大日は都合が付くのですが、天気…
気持ちよく晴れるなら、凍えながら頑張ろうとは思っています!

― ― ―

ではでは、天文部的にずっと気になっていた明石へ。
明石市立天文科学館001
JR明石駅より
直線的に目指すとやや迷ったり… もうちょっと案内板を数置いてほしかった!
と、いうより意外とイメージよりそんなに大きい施設でもないようでした。
明石市立天文科学館002
明石市立天文科学館003
明石市立天文科学館004
明石市立天文科学館005
明石市立天文科学館006
ふおお クリスマス飾りより床をみせてくれえええ!
明石市立天文科学館007
宇宙の歴史を辿る階段
明石市立天文科学館008
地下鉄の四条駅の階段並みにうるさい(笑)
明石市立天文科学館009
2階より、明石海峡大橋
明石市立天文科学館010
なんとときめく空間だこと.。゚+.(・∀・)゚+.゚
明石市立天文科学館011
いいなぁこれ
明石市立天文科学館012
明石市立天文科学館013
様々な時計たち
明石市立天文科学館014
地球気分で(?)月の満ち欠けを観察できる模型!
明石市立天文科学館015
明石市立天文科学館016
なるほど三日月
明石市立天文科学館017
明石市立天文科学館018
コペルニクスさん!
明石市立天文科学館019
明石市立天文科学館020
HR図ってやつでしたか、地学でみたことある図だ
明石市立天文科学館021
すばらしい写真
明石市立天文科学館022
かんらん石 in 隕石
明石市立天文科学館023
太陽系ルーム
なにもかもに、心が躍りますね
明石市立天文科学館024
明石市立天文科学館025
冥王星が惑星だった時代も、もう過去ですね
明石市立天文科学館026
うちでも少なくとも6年は購読している天文雑誌です!
買ってはいますが、そこまでは深入りしていないので、
天文現象をチェックするぐらいでほぼ読まずじまいで置いてますが。笑
明石市立天文科学館027
明石市立天文科学館028
明石市立天文科学館029
さてさて、いよいよですよ!
明石市立天文科学館030
投影中は撮影できませんが、前後の撮影は可でした
いいですね…プラネタリウム。 もう星が投影された瞬間、なぜか涙が(笑)
案内人の方のお話も、安心感があるといいますか、
優しく空に気持ちを放り投げてくれるような、、..zZ 寝てませんよ!?

お話は、今夜の星空を辿って星座を見つけたり、また流れ星に関するものでした。
明石市立天文科学館031
プラネタリウム後は、先ほどの階段を上りきって展望台へ
明石市立天文科学館032
また、下りてきて屋外の日時計コーナーへ
明石市立天文科学館033
ひと口に日時計と言っても、表現方法もいろいろやねぇ
明石市立天文科学館034
ではでは、ロマンあふれる天文科学館でした!
明石市立天文科学館035
帰り道にもこんなものが~♫


こういう天文部もいいですね。

さて、この秋、秋らしからぬ行動力のなさでほぼ紅葉をスルーでしたね。
ちょっと、いろいろあって今はひきこもりの波が来ているのです。

さすがに、また京都で雪景色が楽しめる奇跡的な折があれば飛び出すかもですが!
当分、このようなのんびりペースの更新になるかと思います。

それでは、また。 

泉涌寺別院 雲龍院

実は行ったことのある雲龍院ですが…
珍しく再訪という形の散策をしてきました!

たしか3年前、

ありましたこれです。

とまあ、日中かつブログまともにやってなかった時代なのでということで。

今年はとにかく「ずっと気になっていた」、「念願の」で語れる場所へ
「衝動を抑えずに」行ってしまう、というのを抱負としておりまして。
実際(相変わらず関西からほぼ出られてないけど)快進撃の年で
散策したいけど思いつかない…と感じるほどに成ってしまっております。

来年あたりからは、今回の雲龍院へ向かったコトのように、
一度は行ったけれども季節を変えて行こう、時間を変えて行こう、
というような「再訪」の波が来るような予感がしております。

では写真へ 一枚目は三脚使いましたが、
残りは全部シャッター速度4分の1秒とかの手持ちで意地張ってたので
全体的にショボイかもです。 暗いしね。 お許しください!
雲龍院001
ということで門前 もうきれい
雲龍院002
よい雰囲気
雲龍院003
雲龍院004
雲龍院005
雲龍院ライトアップは本日最終日ですが、意外と青い…?
雲龍院006
紅葉の見頃は11月20日過ぎた辺り…と漠然と感じてますがもう少し遅いのかな?
雲龍院007
雲龍院008
雲龍院でのみどころ!
雲龍院009
こちらしきしの景色といい、この視点から見ると左から
椿・燈籠・楓・松、と雪見障子から覗けるという粋なお部屋。
雲龍院010
雲龍院011
雲龍院012
悟りの窓
悟りとは、完全な円形、すなわち円満である
雲龍院013
五色の紅葉
秋終盤に色づき、グラデーションを楽しめる楓の木だそうです
雲龍院014
これはライトアップより日中がいいねえ
(冒頭のツイート添付の写真を是非ご覧くださいまし)
雲龍院015
窓から見える景色の明度がいい塩梅、
それより床の間の存在が気になるな…?
雲龍院016
しきしの景色の外側ダイレクトな風景
雲龍院017
雲龍院には走り大黒天さんがおりまして、打出の小槌なるものも!

― ― ―

今年はあまり外に出ていない(かいしゃぐらし!による消耗の為)紅葉シーズンですが、
ライトアップのひとつも行かないのはさすがに嘘だよな~、と
帰って寝て起きてどっかないかなと調べてみると、わりと近所でも
いくつか出てきまして中でも期間がこの日までかつ終了が20時半と余裕のあった
雲龍院が目についたわけです。 拝観料も400円と他より手軽でしたし(ぉ

あと近所で気になったのは東福寺の勝林寺とか山科の随心院とか。

ところでぶろぐトップでもちょろっと語っているように神戸も好きなわけですが、
「神戸 紅葉」なんかで検索しても京都の民的にはいまいちパッとしないというか…
京都の紅葉って、紅葉そのものが美しい上に配置も美しく整えられてるんだなー…と、
いいものを身近に据えすぎて目が肥えてしまってるんだろうなぁ。

そういえば、自然風景系の紅葉にかんしては全く撮れていない今年ですし、
2015年新導入せっかくの原付ちゃんも生かせていないのが悔しいぜ~。

疲労感のせい(で人混みがよりつらく感じるの)もあると思いますが、
紅葉モチベより星空モチベのほうが高いのも事実なんですけどね。

いずれにせよ、ない休みが来るたびに曇られてちゃあ動けんわけです。
そんなモヤモヤを魔法で解放したくもなっちゃうよねっていう話デスヨネ。

なにを言ってるかわからない方はわからなくて大丈夫です。
いろんな意味で廃人ルートに入ってるなあ、と感じる今日この頃、です。


秋、もうちょっと続いてくれ~
このブログは?
【P.N. ふぁい 】
そうび
E α65(ふるい)
E GalaxyS9

> profile&index <

この色は京都検定ポイント 】

今日のプテリスくん
1/19 枯れるまで続きます

0119155053
最新コメント
_( _U・ω・)_
  • 累計:

記事検索
趣味全開の読書記録
まーがの最近読んだ本
  • ライブドアブログ