しぶとく続く『中二病でもがしたい!』探訪 その9!

小さめのネタになりますが、近江八幡編です。
こちらの記事【近江八幡の町並み】より中二恋部分の切り分けになります。

近江八幡は町並みの美しい土地ですので、ふらりのどかな散策にお勧めです

――  ――

* キャプチャ画像について *
京都アニメーション/中二病でも製作委員会さまによる
アニメ 『中二病でも恋がしたい!』 Blu-rayⅡ~Ⅳ巻
より、比較・参照資料として引用しています。
画像の著作権は全て、制作者さま方に帰属します。

また、状況が少しでも解りやすいように字幕付きにしています。

―― 
 ――

では切り分けなのでいきなりですが
中二恋*近江八幡001中二病でも恋がしたい!Ⅱ001
中二恋*近江八幡002中二病でも恋がしたい!Ⅲ001
校門の、門の部分だけ
この近江八幡の八幡小学校のものがモデルになっているようです。
旧鎌掛小学校
参照≫ こちら校舎モデルの旧鎌掛小学校
こちらに門は何もないので、合成技ということですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚
中二恋*近江八幡003
こんなステキな学び舎で過ごせる小学生が羨ましい!
中二恋*近江八幡004
それでは続いて隣の安土駅へ!

―  ―  ―
中二恋*近江八幡005
こんにちは、信長さん
中二恋*近江八幡006
目的地への案内は懇切丁寧、心配無用!
中二恋*近江八幡007
中二恋*近江八幡008
遠からず到着、旧伊庭家住宅!
近江八幡市街から少し離れてこちらにも、というヴォーリズ建築。
中二恋*近江八幡009
おしゃっれー
中二恋*近江八幡010中二病でも恋がしたい!Ⅳ001
こんな感じ? 六花ちゃんの実家ですね
実際的にみると、建物は安土、立地は福井、至る道は湖西(でしたっけ)と、見事な合成技。
こういう、実際にあるものをくっつけてひとつの風景に落とし込むのっていいですね。
中二恋*近江八幡011
ちなみにこの日は見学できない日でした。
月曜日がお休みなんですけど、月祝の場合は火曜日お休みだそうです。
まあ、近江八幡にいた時点で気づいてましたが一応来てみました

わりと内感が重要だと思うので、再訪対象ですね…
といってもこれで来たには来たので、だいぶ後回しにはなりそうですが!
中二恋*近江八幡012
裏からも覗くだけ覗いて
たぶんあの2階部分が六花ちゃんの部屋で、ここが脱走のシーンになるのかな

消化不良感もありますが、今回の中二恋的探訪はここまで。
以下は周辺散策、寄り道などのおまけ的要素になります

―  ―
中二恋*近江八幡013
旧伊庭家住宅近所の沙沙貴神社
中二恋*近江八幡014
中二恋*近江八幡015
中二恋*近江八幡016
以前この白い花「なんじゃもんじゃ」がきれいだと、京都新聞でみました!
中二恋*近江八幡017
帰り際に惜しみつつ
中二恋*近江八幡018
永楽通宝、信長の武具にあしらわれていた通貨らしい
中二恋*近江八幡019
安土駅
中二恋*近江八幡020
認定証とかあるんか~
滋賀県民は免許取ったらまずビワイチするってまじ?
中二恋*近江八幡021
京都方面へ向かいがてら、瀬田川のJR橋梁を車内から
中二恋*近江八幡022
長距離JRにありがちですが、一度降りたほうが微妙に安い為なんとなく石山下車
中二恋*近江八幡023
今になって初の試み、流し撮りを練習中。。。
中二恋*近江八幡024
今回の流し撮りベストショットはこれかな!
中二恋*近江八幡025
電車も対象に試行を重ねて、と…

さて、いざ本番へ! ↓
中二恋*近江八幡026
デデーン!
はい、まず待機場所がアカン。 あと石山駅自体見栄え的によろしくない。
中二恋*近江八幡027
中二恋*近江八幡028
呆れて戻ってきたところを上から無難に…、無難に(下手やな~

滋賀行きはJRで直が便利なので、なかなか浜大津に行こうって気が起こらず
進まないユーフォニアム探訪なのであった…
宇治もですが、比較的近所のくせに本当に進行が遅い!

こうしていまさら中二恋探訪で鋭意撮影している辺り、
ユーフォニアムも探訪熱のほうは遅れて湧いてくるのかもしれません。
Blu-rayは凡そ発売を追って入手してますし、好きな作品であることには間違いないです!

写真って、明確な答えがない探り探りの趣味だと思うんですけど、
舞台探訪という撮り方に於いては「シーンの一致」という確固たる答えが存在するので
写真趣味人としてのもやもやを解放しつつ、作品愛を消化できる良い活動だと思います。

ではではー、中二恋探訪、まだまだ続きます