天文部、施設見学編です。

お外は、寒いのです…
そろそろふたご座流星群の時季ですね。
条件はいいですけど、天気が良くはないような、そんな雲行き。

お休みの都合的にも極大日は都合が付くのですが、天気…
気持ちよく晴れるなら、凍えながら頑張ろうとは思っています!

― ― ―

ではでは、天文部的にずっと気になっていた明石へ。
明石市立天文科学館001
JR明石駅より
直線的に目指すとやや迷ったり… もうちょっと案内板を数置いてほしかった!
と、いうより意外とイメージよりそんなに大きい施設でもないようでした。
明石市立天文科学館002
明石市立天文科学館003
明石市立天文科学館004
明石市立天文科学館005
明石市立天文科学館006
ふおお クリスマス飾りより床をみせてくれえええ!
明石市立天文科学館007
宇宙の歴史を辿る階段
明石市立天文科学館008
地下鉄の四条駅の階段並みにうるさい(笑)
明石市立天文科学館009
2階より、明石海峡大橋
明石市立天文科学館010
なんとときめく空間だこと.。゚+.(・∀・)゚+.゚
明石市立天文科学館011
いいなぁこれ
明石市立天文科学館012
明石市立天文科学館013
様々な時計たち
明石市立天文科学館014
地球気分で(?)月の満ち欠けを観察できる模型!
明石市立天文科学館015
明石市立天文科学館016
なるほど三日月
明石市立天文科学館017
明石市立天文科学館018
コペルニクスさん!
明石市立天文科学館019
明石市立天文科学館020
HR図ってやつでしたか、地学でみたことある図だ
明石市立天文科学館021
すばらしい写真
明石市立天文科学館022
かんらん石 in 隕石
明石市立天文科学館023
太陽系ルーム
なにもかもに、心が躍りますね
明石市立天文科学館024
明石市立天文科学館025
冥王星が惑星だった時代も、もう過去ですね
明石市立天文科学館026
うちでも少なくとも6年は購読している天文雑誌です!
買ってはいますが、そこまでは深入りしていないので、
天文現象をチェックするぐらいでほぼ読まずじまいで置いてますが。笑
明石市立天文科学館027
明石市立天文科学館028
明石市立天文科学館029
さてさて、いよいよですよ!
明石市立天文科学館030
投影中は撮影できませんが、前後の撮影は可でした
いいですね…プラネタリウム。 もう星が投影された瞬間、なぜか涙が(笑)
案内人の方のお話も、安心感があるといいますか、
優しく空に気持ちを放り投げてくれるような、、..zZ 寝てませんよ!?

お話は、今夜の星空を辿って星座を見つけたり、また流れ星に関するものでした。
明石市立天文科学館031
プラネタリウム後は、先ほどの階段を上りきって展望台へ
明石市立天文科学館032
また、下りてきて屋外の日時計コーナーへ
明石市立天文科学館033
ひと口に日時計と言っても、表現方法もいろいろやねぇ
明石市立天文科学館034
ではでは、ロマンあふれる天文科学館でした!
明石市立天文科学館035
帰り道にもこんなものが~♫


こういう天文部もいいですね。

さて、この秋、秋らしからぬ行動力のなさでほぼ紅葉をスルーでしたね。
ちょっと、いろいろあって今はひきこもりの波が来ているのです。

さすがに、また京都で雪景色が楽しめる奇跡的な折があれば飛び出すかもですが!
当分、このようなのんびりペースの更新になるかと思います。

それでは、また。