みどりのゆめ

ああ、はんなり京都。

下京区

島原 夜景

京都に現在ある「五花街」。

かつては島原含め「六花街」と呼ばれており、
島原も京文化の一翼を担っていたのだそうです。

その名残を垣間見るべく島原へ!

…本当は金沢の町、にし茶屋街にて
金沢の町並みのモデルが京都・島原だと聞いたので。

検索してみてもそういう情報が見つからないので
そういう一説がある、というお話なのかもしれません。


―その前に少し春の兆しからお送りします、どうぞ!
春の到来001
五条辺りの鴨川沿いにて 
桜って思ったより早く咲くもんですねぇ
春の到来002
 柳の若葉による春の報せも
春の到来003
 4月までまだ日もありますが、もう観れたもんですねえ
春の到来004
 咲けば散る桜、今年も頑張って追いたい!

以上、少し春の始まりをお送りしました。

以下に島原の町並みをお送りいたします
島原001
 JR丹波口駅の近くです、島原
島原002
島原大門
島原003
 うむ、石畳風道路ですが住宅街やね
島原004
 あらなかなか雰囲気が?
島原005
 かつての趣を残す「角屋」「輪違屋」が島原の目玉です
まずは西門方向をチェック!
島原006
島原007
 西門は現在、残っておりません。
何やらこんなものが在りましたが、こんな佇まいだったのかな
島原008
西門跡付近の島原住吉神社
 島原009
さて角屋というのがこちらの風格のある建物
島原010
 島原011
金沢のモデルになったような風景は、もう残されていない部分なのかな
島原012
もとの大門の方へ
島原013
門へ戻る手前で左へ、すると
島原014
こちらが輪違屋さん
その名を示すような紋様がなるほどと面白いですね。

島原の町並みでした。

最近、京都の雰囲気のいい町並みをふらっと散策するのに嵌っています
そのうちの更新分にも町並み系が散見されるかと思います.。゚+.(・∀・)゚+.゚

【大阪】 京阪沿線散策「渡辺橋」 大阪駅イルミネーション +京都駅

冬がはじまるよ(ELTカバーのほう)
もう「イルミネーション」という単語に定型の分類ワードが加わって
記事題名がやたらと長い… 大阪らしい煩さで逆にアリですね、うむ。

秋は終わり、冬は…? うちの地方は冬と言っても
基本的に雪とは縁がないので、どうすれば季節感が出るか…

そうだ、イルミネーションでも追ってみよう。
そして、それならばあのキラキラするフィルターを買ってみよう。

ということで、ここからしばらくイルミネーション記事が続きます!
また、基本的に現場でフィルターを頻繁に変えるのは手間なので
ほぼすべての写真がキラキラしており場合によっては視覚に煩いですがお許しを(笑)

―――

まずは試運転がてら、京都駅前某大型家電量販店にて
そのキラキラフィルターを購入から京都駅のツリーなどを撮影ぶらり
京都駅001
日中からの点灯風景なので、明度が微妙やー
京都駅002
ふむ、こういう風になるのか きらりーん!
京都駅003
京都駅004
京都駅005
こちらは京都駅前地下街ポルタのツリー

ふむふむ、これはいいキラキラだ… とこの日の購入→お試しは終了。


日は変わりまして、いざ大阪!
大阪駅001
京阪ユーザーなので、大阪駅へは淀屋橋駅or渡辺橋からが近いです
「京阪沿線散策」記事としては以前淀屋橋からの御堂筋を紹介したので、
今回は渡辺橋沿線ということにして、大阪駅を目指します。
( 御堂筋もイルミネーションやってるみたいですけどね… )
大阪駅002
イルミネーションだろうと街の灯り、車のヘッドライト、なんでもキラキラして煩い(笑)
大阪駅003
大阪駅004
大阪駅005
ここくらいはフィルターなしで。
大阪駅006
ではお目当ての駅構内広場へ
大阪駅007
大阪駅008
写真では伝わりづらいですが、波を演出するような点灯がされていました
大阪駅009
大阪駅010
カシオペヤ座、北斗七星、オリオン座… 浅学でもわかる星座たちだ!
大阪駅011
大阪駅012
大阪駅013
イルミネーションにエフェクトがかかる分にはきれいなのですが、
やはり照明にかかってしまうとうるせえなとなってしまいますが面白いのでok!
大阪駅014
大阪駅015
時空の広場に広がる、海と星空のイルミネーションでした 
大阪駅016
大阪駅017
構内をふらふらと、明かりを探して散策…

と、こんなところになります。
大阪は他にも規模の大きなイルミネーションが数ありますが、また機会があれば。

キラキラフィルター楽しいなぁ
そんな感じで、キラキラをこの後も楽しんでみますので、良かったらお付き合いください 

鉄輪社

ちょっとニッチなスポットをご紹介

祇園祭の目の付け方からも思われたかもしれませんが、
謡曲ゆかりの地」が気になるのがここのところの僕です。

鉄輪(鐵輪)と書いて「かなわ」と読みます
また、指す物もたんに鉄の輪っかではなく、 三本足の五徳を意味します。
つまり、鉄の輪に足の三本ついた、鍋や薬缶を火にかけるためのあれ。

お話などは以下に、写真と共に
鉄輪社001
まずは所在地
下京区… これは凡そ四条通りより南・京都駅より北、の区間かーと思って下さい
この東西&南北の通りが示すは… まあ、五条通りより北・烏丸通りより東と大体の理解で!
鉄輪社002
この小さな交差点を北へ歩きますと
鉄輪社003
左手に、このように石の標と、紙垂(しで)の付いた戸が見つかります
鉄輪社004
戸を開け、密やかな路地を行きますと
鉄輪社005
謡曲「鉄輪」は世阿弥作と伝えられていたりいなかったりの…
「鉄輪」のお話は「the能ドットコム」さん辺りのサイトであらすじを見られるといいかと思います。
ちなみに丑の刻参りの舞台である貴船神社奥宮にも鉄輪伝説の立て札がありますね
鉄輪社006

こぢんまりとした陽のあたる空間に、鉄輪社が鎮座しております。
なお鉄輪大明神の祀られる鉄輪社は写真右下の小さなお社で、
正面は狐さんが見えるように、命婦稲荷社というお稲荷さん。
鉄輪社007
先の立て札が語っていた井戸がこちら。
現在は地下鉄工事などの影響で、水は枯れてしまっているのだとか、
それでも、容器に入れてきた水を供えて祈り、持ち帰るという人もいるのだとか。
鉄輪社008
ピカピカの鉄箱に解説書が! 一部、いただきデス
鉄輪社009
謡曲ゆかりの地に関心を持つ前に、
ひとつでも実際に能を鑑賞するべきだと自分で思い続けて久しい
鉄輪社010
路地の奥というひっそりとした立地な反面、
陽もあたっており、きれいに保たれているのが神聖な感じがしてよいですね


では今回はこの辺でー。

いつになるかわからない次回もお楽しみに!
このブログは?
【P.N. ふぁい 】
そうび
E α65(ふるい)
E GalaxyS9

> profile&index <

この色は京都検定ポイント 】

今日のプテリスくん
1/19 枯れるまで続きます

0119155053
最新コメント
_( _U・ω・)_
  • 累計:

記事検索
趣味全開の読書記録
まーがの最近読んだ本
  • ライブドアブログ