現在アニメ放送中の「ご注文はうさぎですか?」
叡電こと叡山電鉄さんとのコラボの様子の写真レポです。

*ご注文はうさぎですか? とは
まんがタイムきららMAX連載中の、ほんわか喫茶店物語です。

アニメも放送中なのですが、これは原作とはまた雰囲気が違うので
個人的には、カフェでゆったりするように原作を読まれるのをオススメしたい。

壊さずに見守り続けたい世界が、そこには広がっています!


また、これに端を発して、京都カフェ巡りを
今後扱っていきたい予定なので、どうぞお楽しみに…


それでは、写真の方へ
叡電ごちうさ001
叡電・出町柳駅より
写真の車両は、大きな窓と窓向きの座席が特徴的な「きらら」号。
この「きらら」の名から、「まんがタイムきらら」作品とのコラボが実現しているそうです。
※ きらら自体の由来は、比叡山の登山道「雲母(きらら)坂」より
叡電ごちうさ002
青もみじシーズン(4月19日~6月29日)はこちらのロゴも青もみじに
叡電ごちうさ003
叡電ごちうさ004
コラボ車両を狙うのはいろいろな意味で、始発・終点駅がベター ですね
叡電ごちうさ005
叡電の車両はバリエーション豊富です(早くコラボ車両来ないかな)
コラボ車両系撮影は、この「来てるのに乗らない」行為が必要で、
明らかにそれ目的な立ち回りを求められるのが難点ですねぇ…
叡電ごちうさ006
きました! 723号車です いざ撮影モード
叡電ごちうさ007
叡電ごちうさ008
叡電ごちうさ009
叡電ごちうさ010
叡電ごちうさ011
ヘッドマーク接写!
「きんいろモザイク」コラボの時もありましたが、この独自セリフ・フレーズがよい!
“ご乗車はきらら”な方は、先に紹介したメープルオレンジの車両を待ちましょう。
叡電ごちうさ012
発進方向(出町柳視点で)のヘッドマークには、ココア
叡電ごちうさ013
“チマメ隊、いざ鞍馬へ!” …八瀬比叡山口行きじゃないですかこれ!
叡電ごちうさ014
乗りこみまして内部・進行方向側もぱしゃり
叡電ごちうさ015
叡電ごちうさ016
座席に居た女の子に声をかけてどいて頂いてまで撮りました…(必死)
叡電ごちうさ017
修学院駅へ
叡電ごちうさ018
叡電ごちうさ019
目的はもはやお馴染み? 5連貼りポスター
映画けいおん!、きんモザに続いて3度目の紹介ですね(笑)
叡電ごちうさ020
逆ホームにも、一枚
叡電ごちうさ021
叡電ごちうさ022
叡電ごちうさ023
近くを散策して、この日は終了。
洛北の公園は、藤棚のあるのが特徴的なように思います。

― 別の日 ―
叡電ごちうさ024
日は変わりまして、出町柳駅。

叡電ごちうさコラボは現在進行形ですが、
コラボ車両(2車両アリ)が毎日運行しているわけではないのでご注意ください
(叡電さんのツイッターアカウントにて、可能な限り情報が呟かれています)
叡電ごちうさ025
まずは待機。
叡電ごちうさ026
この日分で紹介するのは724号車
こちらは(なのかは判りませんが)、駅の真ん中の車線に停まるので
前回より撮影に勇気が必要です。。
叡電ごちうさ027
ヘッドマーク接写!
洛北の似合う喫茶店」 …勝手なこと言っていいのだろうか(笑)
ただ、洛北の雰囲気に喫茶店が似合うのは確かです
叡電ごちうさ028
進行方向側
叡電ごちうさ029
こちらはチノですね!
叡電ごちうさ030
車内へ!
一応、入場券では車内へ入れないルールなので
目的の駅がなくても入場券でなく切符を買って車内へ入るのがマナーです(たぶん)
叡電ごちうさ031
叡電ごちうさ032
チノの大ポスター!
叡電は構造上、座席で熟睡するのが難しいです
(両窓際にひとつながりの長い座席、という構造になっています)
叡電ごちうさ033
叡電ごちうさ034
叡電ごちうさ035
高い位置にも
叡電ごちうさ036
叡電ごちうさ037
天井にも!?

なおこの車両で居合わせた新婚ご夫婦的な人たちが
ジャンプとかの類ではないよね、それ的なアレだよね」みたいな会話をしてて
チクチク精神的ダメージを受けた気がします。 それ的なアレですまんな…
叡電ごちうさ038
居た堪れずに…というわけでもないですが
“ご乗車はきらら”な気分だったので、出発はきらら号に乗ってみました。
 
ある予定があったので、この後はすぐに次の元田中駅で下車しました
その周辺散策の様子を何枚か、どうぞ
叡電ごちうさ039
叡電ごちうさ040
叡電ごちうさ041
ふらりと立ち寄った公園
叡電ごちうさ042
叡電ごちうさ043
叡電ごちうさ044
 ふとレンガ建造物をみつけて歓喜!


これにて、叡電×ごちうさコラボレポは以上です。
が、実はこの両日とも下車後にとあるカフェを目指して歩きました。

最初にも書きましたが
これを機に「京都カフェ巡り」テーマを今後取り入れたいので
そういうのが好きな方はぜひぜひお楽しみに~、です。
このブログ、食べ物系が薄かったですしね。 切っ掛けをありがとうごちうさ!

ではまた、よろしくお願いします。