みどりのゆめ

ああ、はんなり京都。

大阪

【大阪】 京阪沿線散策 「香里園」

京阪沿線シリーズ
香里園001
京阪本線、大阪府へ入って7駅目の香里園駅(寝屋川市)。
(香里園駅辺りは昔住んでいた土地なのです)
散策という名の、たまの懐かしみの散歩ですな

そしてこの近所には京阪電車にも縁深いものがあるんです
今回はひとまず、その場所へ向かうとしましょう。
香里園002
ここへ来るのはたぶん1年9か月ぶりくらい。
 前も思いましたが、ここもだいぶ様相が変わったなぁ。
香里園003
香里園004
目的地はこれ!
香里園005
このリスは昔からいたなぁ、懐かしい(笑)
香里園006
人んちの梅がきれいです
香里園007
通り道に神社があったので
香里園008
御祭神は八幡大神さま?
鞆ろぎ神社ということなのかな。なんて妄想をしていましたが…
友呂岐は鞆呂岐とも書き、鞆は天皇の立派な姿の形容、
呂岐は神を表す言葉だそうです。
天神さまがおわすのは、菅原道真公左遷の際の通路に当たるからだとか。
 三柱めの神様は初めてみたかも。
香里園009
天神さまが祀られているからか、梅も咲いています。
香里園010
香里園011
寝屋川市は「鉢かづき姫」の舞台なので、道標のキャラクターになっています。
香里園012
香里園013
成田山不動噂へ到着!
香里園014
香里園015
交通安全のご利益で有名なんです。
神社は好きですが、寺院は大変疎いので説明は姫にお任せします

これが、京阪電車との縁です。
京阪電車や京阪バスに乗ると、必ず成田山の交通安全の御札が飾られています。
詳しくは成田山のHP、よくある質問のうち
「京阪電車や京阪バスに乗ると成田山不動尊のお札を見かけますが、どうしてですか?」 
をご覧ください。 乗車の機会があれば是非、気にしてみてくださいね。

あとは成田山の風景をお送りします
香里園016
 香里園017香里園018
香里園019
アイスクリームみたい
香里園020
香里園021
香里園022
香里園023
香里園024
ここの鳩は人に慣れすぎでした。何も持ってないのにこの距離…。

さて、成田山は以上です。

香里園駅で下車すると寄ることにしているところがあるのです
香里園025
それがこちらのたこ焼き屋さん!(道のり略)
4つ90円ですよ、めっちゃおいしい
安くて愛着のあるこのたこ焼きは最強ですな。
4つ90円で8つ180円なのですが、有り金(143円)の都合上、
おっちゃんに「6個て無理ですか?140円出しますんで!」と言うたら
「んーー、まあええよ、うん、130円でええよ」というような話に!
単価でいうと22.5円/個なので5円まけてくれましたね、ええおっちゃんやわ~。
香里園026
 それをこの近くの京阪電車の見える田井西公園で食べるのが至福やね。
ちなみに奥の踏切を渡って右に曲がって進むとたこ焼き屋さんがあります。
まあ伝わる人がもし居てたら行ってみてくださいな(笑)
香里園027
6個販売は本来していないはずなのに6個容器がある謎!
 香里園028
心霊写真みたいになってますがこんな広い公園です。

たこ焼きを食べ終わって、向こーうの公園出口から駅へ向かおうとしたところ
途中で漫画のように木の高いところにボールをひっかけてる女の子ふたりがいたので
「ボールとったろかー?」と声をかけてみると「…うん」、と。
ボールは手を伸ばせば届く位置にあったので取って
「はい、どうぞ」と手渡すと「ありがとう…ございます」と、そして遅れて
少し離れたところで遊んでた男の子からも「ありがとうございます!」と元気のいいお礼。
ほ~、ちゃんとお礼いえるいい子らやな~と思いつつ通りすぎていくと
後ろで(片方の女の子は黙っていたので)「お前、ちゃんとお礼言えよー!」なんて声が。

ひっかかり方も漫画やアニメのようでしたけど、展開もわりと…??
じつは僕はいま、何かの作品の主人公として生きてるのかも知れませんな。

大変なごんだ出来事で、結構いい町に住んでたんだなと、思えました。
香里園029
戻ってきまして、柵ごしの香里園駅
香里園030
よく見ると「いなり、こんこん、恋いろは。」コラボ車両でした

おしまい。 

【大阪】 京阪沿線散策 「枚方市」 意賀美神社

京阪沿線シリーズ、枚方市駅からお送りします。

まだ早いですが、今年も意賀美神社へ。
京阪電車さんが沿線の梅の名所として掲げている場所の一つです。

大きな地図で見る

意賀美神社001
意賀美神社002
御祭神は貴船神社と同じ、水の神様。
ここでは淀川の鎮守の神様として祀られているようです。
意賀美神社003
手水ガール
意賀美神社004
境内のお稲荷さんにもお参り
意賀美神社005
 この実り方は、万両ですな
意賀美神社006
時期尚早の梅林!
意賀美神社007
山茶花がきれいな時季です
意賀美神社008
全体の様子。 咲いてる樹はわりと咲いています。
意賀美神社009
意賀美神社010
意賀美神社011
意賀美神社012
意賀美神社013
意賀美神社014
意賀美神社015
意賀美神社016
以上が梅林の様子でした。 もう春が近い、ですね…
意賀美神社017
淀川ビュー
意賀美神社018
駅への歩道にて、水仙
意賀美神社019
枚方市駅近辺は、京街道(東海道)の宿場のひとつ、枚方宿の場所でもあります。
意賀美神社020
町家が残されている道もあったり…
意賀美神社021
枚方、なかなか面白い街かも?

でも僕はここを歩くより普通に京都を歩きたいですね(台無し)


今日は寒さが引いた感がありましたが、このまま春になるのかなぁ。 

【大阪】 咲くやこの花館 秋

この一週間ほど、秋本番ということで奔走しておりまして
更新は(いつもどおり)滞らせつつ、写真が貯まりました!

もう紅葉晩成の下鴨神社もピークを越えたくらいでしょうか。
取材を終えたら、記事作成のターン!ということで順次公開していきます。

それと、記事のレイアウトを中央揃えに戻してみました。
(戻すといっても京都一周トレイルしか来歴がないですが)

もう少しいわゆる「ブログ」っぽいブログにしていきたい所存…

― ― ―

今回は11月29日分
 
また植物園なので、写真は多めです。
咲くやこの花館001
第二京阪道路沿いの自転車道をすいすいと行きます。
この道は人も少なく幅も広くて快適!
咲くやこの花館002
ここは 大阪市 鶴見区
咲くやこの花館003
 咲くやこの花館004
コスモスっていつまで咲いてんでしょうね 未だに見られるような。
咲くやこの花館005
目的地内の、目的地に到着
咲くやこの花館006
ここの目玉はこいつ、ヒマラヤの青いケシ
 入館料は500円。年間パスは2500円!
咲くやこの花館007
入り口で頂いた見頃情報を主眼に回ります
咲くやこの花館008
初手温室、レンズが曇る曇る(笑)
写真の花は名前プレート見つからずで名称不明
根っこが地中に埋まっていない珍しい植物。
咲くやこの花館009
見頃の花その1
秋咲きのランたち
咲くやこの花館010
外は寒いけど、温室で暖かい
咲くやこの花館011
ラフレシアはどこの植物園でもあるものなのだろうか…!
咲くやこの花館012
咲くやこの花館013
その2
なるほど火炎という名前がお似合いですな!
 咲くやこの花館014
こんなエリアも
咲くやこの花館015
これがいちばん気に入りました。
大輪の花はみていて気持ちがいい
 咲くやこの花館016
身体にいいらしい、シークワシャー
咲くやこの花館017
植物園のこういうのずるいですよね。
もふりたいのに、お触り禁止ですもの。
 咲くやこの花館018
触れるところは触れるんですけどね~
咲くやこの花館019
屋外コーナー(寒い)
咲くやこの花館020
バラも時季がよく解らない花ですね。
初夏という認識でしたが… 秋もですか。
咲くやこの花館021
咲くやこの花館022
「役立つ植物広場」にて、お野菜まで
咲くやこの花館023
咲くやこの花館024
前後しますが、見頃のその5
皇帝ダリア… 名が示すはこの背の高さ。
このエリアに植わっているけど「役立つ」わけではないのかな?
咲くやこの花館025
咲くやこの花館026
続いて、その3。 
まだ世界最大の風格はありませんが、既に大きい。
咲くやこの花館027
咲くやこの花館028
さらに、その4
こちらも途上ながらの大迫力!
咲くやこの花館029
いよいよ、高山植物室へ。
この建物もなかなかにスタイリッシュな外観ですよねぇ。
咲くやこの花館030
 まずは日本の高山植物コーナーを少し。
ユキワリコザクラ
 桜と聞くと、それだけで惹かれる不思議。日本人だもの。
咲くやこの花館031
 ミヤマオダマキ
咲くやこの花館032
その6です
咲くやこの花館033
咲くやこの花館034
クロユリ です。
下を向いて咲くのですね。
見た目は凛とクールですが、香りは… (^^;;
咲くやこの花館035
知っている名が! ただし咲いていない。
伊吹山の植物図鑑で見たことありますぞ!
咲くやこの花館036
咲くやこの花館037
そしてここで主眼の…
だがしかし、残念なお知らせつき。
咲くやこの花館038
状態はともかく、なんとか花は見られてひと安心。
咲くやこの花館039
と、ぼーーっと眺めていると、花弁がひらり。
開花より貴重な瞬間を見られたのでは!
と思ってみても、やっぱりちょっと残念なぼくでした。とさ。
咲くやこの花館040
花は青いものがいちばん好きです。
咲くやこの花館041
伊吹山の名が出されているのでぱしゃり。
伊吹山にある植物は高山植物ではないのか…
でも伊吹山にはハクサンフウロがあって、
先ほどの「高山植物室」にはハクサンフウロがあったけど!
咲くやこの花館042
日本の高山帯の図。
咲くやこの花館043
くんかくんかコーナー
全部におってみましたが、香りというのは記憶に残すのが難しいですね。
たしか、ローズウッドがいい香りだった、ような。
咲くやこの花館044
なんと、フリーの京阪情報誌、KーPRESSが(笑)
ここ、京阪からのアクセスは悪めなんですけどね。
咲くやこの花館045
入口まで一周して来まして、月下美人の実!
 これも珍しいのかもしれないけど、花が見たかったな。

楽しめたのでアンケートも記入して、退場。



咲くやこの花館046
陽もくれ気味ですが、ちょっと寄り道を。
咲くやこの花館047
西日に輝く大阪城天守閣!
咲くやこの花館048
もう少し近くから

この間、岡山城の写真を見たりもしましたが
現在の城というのはいやに小ぎれいで、あまり魅力を感じないものですね。
非日常的なものを見るという視点では十分に面白いですけども!

ところで大阪人に大阪の魅力って何?
と訊くと、経験上まずこの大阪城を挙げた後
苦しそうに、通天閣やタコ焼きを挙げるひとは挙げる…
といったパターンしか聞かない気がします。

まあ…これは大阪には魅力がないという意味でなく
共通シンボルがない、という意味なんだと思っています。
大阪人は、自分の中の好きをしっかり持っているのですよ。たぶん

もちろん、この記事を見た方は
「咲くやこの花館」を覚えておいて下さいね
咲くやこの花館049
紅葉的には見頃は過ぎたくらい、かな?


では今回はこの辺で。

貯まったぶん、消化していきますね~。
 
このブログは?
【P.N. ふぁい 】
そうび
E α65(ふるい)
E GalaxyS9

> profile&index <

この色は京都検定ポイント 】

今日のプテリスくん
1/19 枯れるまで続きます

0119155053
最新コメント
_( _U・ω・)_
  • 累計:

記事検索
趣味全開の読書記録
まーがの最近読んだ本
  • ライブドアブログ